11 12 月 2017

熱帯楽園への旅へと誘う新作トロピカル・バード・リピーターが、東京でお披露目をしました。

  • THE TROPICAL BIRD REPEATER HAS BEEN UNVEILED IN TOKYO FOR THE FIRST TIME.熱帯楽園への旅へと誘う新作トロピカル・バード・リピーターが、東京でお披露目をしました。

日本の高級ショッピングエリア銀座の中心にあり、スイス時計産業の伝統と革新が一堂に会する、世界初のウォッチ・ランドマーク、ニコラス・G・ハイエック センター。その最上階に位置し、東京の光り輝くネオンを見下ろすシテ・ドゥ・タン ギンザに12月8日、ジャケ・ドロー社副社長マーク・エレンより、ジャケ・ドローのオートマタコレクションの新作「トロピカル・バード・リピーター」がプレスイベントにて、お披露目されました。

Jaquet Droz, Tropical Bird Repeater Geneva Tokyo, J033033200, Vice President Speech

70名を超える国内のメディアが会場におとずれ「トロピカル・バード・リピーター」の文字盤上に施された、滝の流れ、トンボが揺れながら飛び、ハチドリがはばたく動き、極楽鳥花に向かって動く動き、クジャクの羽根の開閉、熱帯植物の葉が開閉し、中からトトカクが姿を現し、嘴を動かすという7つの動きに感嘆の声があがりました。また、会場では、ジャケ・ドローの3つの商品の柱である、オートマタ、アトリエ・オブ・アート、そしてグラン・セコンドのモデルを代表する新作が用意されました。オートマタモデルの脇では、アトリエ・オブ・アートのペインターデザイナーが作品に施された装飾技術を実演しました。

Jaquet Droz, Tropical Bird Repeater Geneva Tokyo, J033033200, Artist Working on the dial

トロピカルな雰囲気を演出する東南アジアの伝統ライブ演奏と極楽鳥花をテーマとした踊りも披露され、来場者はまるで異世界へ来たような雰囲気に包まれながらも、ブランドの持つ独自の世界観を楽しみました。

Jaquet Droz, Tropical Bird Repeater Geneva Tokyo, J033033200, Guests on painting Workshop

“Some watches tell time, some tell a story”

この特別なタイムピースについて詳しく見る