08 7 月 2015

ジャケ・ドローがプティ・ウール ミニット パイヨン オンリー・ウォッチ (PETITE HEURE MINUTE PAILLONNÉE ONLY WATCH)を発表

  • J005031240 PETITE HEURE MINUTE PAILLONNEE_ONLY WATCH 2015_JAQUET DROZ_980

時は人々へ与えられる贈物でもあります。モナコ・筋ジストロフィー協会(リュック・ぺタビーニョ会長)が主催する「オンリー・ウォッチ(Only Watch)」は、10年前から続く最先端の時計業界と関連した慈善活動として、一流ブランドやマニュファクチュールがモナコに会し、デュシェンヌ型筋ジストロフィーの研究を支援する目的でオークションを開催しています。

長年に渡りパートナーを務めるジャケ・ドローは、2015年も引き続き、この2年に一度行われる活動をサポートします。「オンリー・ウォッチ(Only Watch)」とジャケ・ドローは、研究と卓越性に関する長期的なビジョンを共有しています。今日このスピリットは、パイヨン装飾の傑出した技法を始めとする、ジャケ・ドローの職人の優れたノウハウを示す比類なきタイムピースに体現されています。

J005031240 PETITE HEURE MINUTE PAILLONNEE_ONLY WATCH 2015_JAQUET DROZ

ルネサンス時代の彫金職人から受け継いだパイヨン装飾は、リーフ型の微細な金片を1つ1つ巧みに配置して立体的なモチーフを作り出すことにあります。そこに極めて繊細なエナメル装飾を駆使することで、エナメルの理想とする色と半透明の奥深さを生み出して文字盤に施されたサンレイ装飾を浮かび上がらせます。ジャケ・ドローは、ラ・ショー・ド・フォンのアトリエ・オブ・アート(LES ATELIERS D'ART)において、およそ3世紀前に使われていたこの装飾技法を継承しています。しかし、伝統を忠実に引き継ぐと同時に変化を求めたジャケ・ドローは、初めてジャケ・ドローを最も象徴するモデルの1つであるプティ・ウール ミニット(Petite Heure Minute)に直径43mmの18Kイエローゴールドケースにパイヨン装飾を組み合わせ、ダイアルに奥深いレッドカラー“高温焼成”エナメルを結び付けています。作り出すことが極めて難しいこの色は、「オンリー・ウォッチ(Only Watch)」において完璧を追求する証となるほか、モナコの国旗を想起させています。

この完璧の追求は装飾に留まらず、シリコン製のヒゲゼンマイを搭載したムーブメントにも発揮されています。シリコンは柔軟な素材で、耐衝撃性および耐磁場性を備え、温度差や加圧差に強く、時間の経過のなかで見事な安定性を発揮します。ジャケ・ドローは、初めてプティ・ウール ミニット(Petite Heure Minute)にシリコン製のヒゲゼンマイを採用しました。この見事なムーブメントは、裏蓋に« unique piece Only Watch 2015 »の文字が刻まれており、サファイアクリスタルのケースバック越しに眺めることができます。この優雅で洗練されたユニークピースは、カーブを描くラグ、手縫いの高級アリゲーターストラップ、18Kイエローゴールドの美錠など、ブランド特有の豪華な仕上がりを誇ります。

来る9月23日~26日に行われるモナコ・ヨットショー(Monaco Yacht Show)で披露されるプティ・ウール ミニット パイヨン オンリー・ウォッチ(Petite Heure Minute Paillonnée Only Watch)は、その後アジア、アメリカ、ヨーロッパを巡った後、11月7日(土)にジュネーブでオークションに出品されます。ハイジュエリーの愛好家にとって、高潔な信念を宿す比類なきタイムピースを手に入れる絶好の機会です。それは人々に捧げられた時の信念であり、一瞬一瞬の「時」を美しく、そして印象深く刻みます。

Only Watch Jaquet Droz