ラブィング・バタフライ・オートマトン ラブィング・バタフライ・オートマトン

ラブィング・バタフライ・オートマトン

技術仕様

ラブィング・バタフライ・オートマトン, J032533270

ラブィング・バタフライ・オートマトン

J032533270


世界限定28本

ムーブメント

Jaquet Droz 2653 AT1、自動巻きムーブメント、シリコン製ヒゲゼンマイおよびアンクルの先端、ツインバレル、フラットブリッジ、22Kレッドゴールドローター 羽と車輪を動かす手巻きオートマタムーブメント、プッシュボタンによるオートマタの作動システム、トリプルバレル

石数

57石

パワーリザーブ

68時間

振動数

28,800振動/時

直径

43 mm

表示

オフセンターの時分表示

防水性

3気圧(30m)防水

ケース

18Kレッドゴールドケース直径43 mm厚さ16.63 mmケースバックにシリアルナンバー

文字盤

ブラック オニキスダイアル、18Kレッドゴールドの装飾18Kゴールドの小天使、馬車、蝶の胴体の彫金細工 18Kレッドゴールドの蝶の羽18Kレッドゴールドの馬車の車輪

18Kレッドゴールド

ストラップ

手作業によるへり返し仕上げのブラックアリゲーターストラップ

クラスプ

18Kレッドゴールドのフォールディングバックル

ラブィング・バタフライ・オートマトン, J032534270

ラブィング・バタフライ・オートマトン

J032534270


世界限定28本

ムーブメント

Jaquet Droz 2653 AT1、自動巻きムーブメント、シリコン製ヒゲゼンマイおよびアンクルの先端、ツインバレル、フラットブリッジ、22Kレッドゴールドローター 羽と車輪を動かす手巻きオートマタムーブメント、プッシュボタンによるオートマタの作動システム、トリプルバレル

石数

57石

パワーリザーブ

68時間

振動数

28,800振動/時

直径

43 mm

表示

オフセンターの時分表示

防水性

3気圧(30m)防水

ケース

18Kホワイトゴールドケース直径43 mm厚さ16.63 mmケースバックにシリアルナンバー

文字盤

ブラック マザー オブ パール ダイアル、18Kホワイトゴールドの装飾18Kホワイトゴールドの小天使、馬車、蝶の胴体の彫金細工 18Kホワイトゴールドの蝶の羽18Kホワイトゴールドの馬車の車輪

18Kホワイトゴールド

ストラップ

手作業によるへり返し仕上げのブラックアリゲーターストラップ

クラスプ

18Kホワイトゴールドのフォールディングバックル

動画

ラブィング・バタフライ・オートマトン
ラブィング・バタフライ・オートマトン

ラブィング・バタフライ・オートマトン

時計製造と職人技術の傑作。 ジャケ・ドローが発表するオートマタの新作は、愛と自然のテーマを具体化した、まさに命を吹き込まれた芸術です。 ジャケ・ドローの名高いオートマタウォッチ コレクション ―バード・リピーター (THE BIRD REPEATER) 、チャーミング・バード (THE CHARMING BIRD) 、レディ 8 フラワー(LADY 8 FLOWER)― に仲間入りするラブィング・バタフライ・オートマトン (LOVING BUTTERFLY AUTOMATON) は、技術的にもデザイン的にもまさに並外れた新たな偉業です。 この素晴らしい光景を楽しめるのは、一握りの時計愛好家だけです。 なぜなら、それぞれのモデルは世界でわずか28本の限定製造だからです。 そしてジャケ・ドローのアトリエ・オブ・アートの職人の直筆のサイン入り証明書が添えられています。 人に夢を与えるプレシャスな時間が全面的に捧げられた、ラブィング・バタフライ・オートマトン (LOVING BUTTERFLY AUTOMATON) の蝶の優雅な羽ばたきは、時計愛好家たちを魅了するでしょう。


ラブィング・バタフライ・オートマトン

インスピレーション

「ラブィング・バタフライ・オートマトン (LOVING BUTTERFLY AUTOMATON) 」と名づけられたこの新作は、数々の物語を語りかけてきます。 はじめに、アンリ・ルイ・ジャケ・ドローという天才時計職人の物語。 今から242年前、彼は見事なデッサンを描くオートマタ(人造人間)を創作し、そのデッサンの一つには、愛と情熱を称える、蝶に引かれたチャリオット(古代ギリシャ・ローマの軽二輪戦車)に乗る小さな天使がありました。 そして、このデッサンを現在の作品を創造するためのインスピレーションの源として、最初はエナメルの文字盤上にミニアチュールペインティングを施したモデル、続いてエングレービングと彫刻を施したモデル、そして今回オートマタを新作に取り入れた新作、ジャケ・ドローのデザイナー、伝統工芸を受け継ぐ職人、時計職人たちの物語。 そして、独自のメカニズムを緻密に開発し組み立てる時計職人の物語、この動く芸術の一つ一つのパーツに手作業で彫刻とエングレービングを施す情熱的な職人たちの物語など、ジャケ・ドローというブランドの物語は、絶えず人々に驚きを与え続けています。


ラブィング・バタフライ・オートマトン

ジャケ・ドローの美学

この作品では、ブランドを代表するモデルのひとつ、プティ・ウール ミニット (PETITE HEURE MINUTE) の文字盤が、自然主義的な舞台のセットのようにレイアウトされ、まるで物語が開演する合図が聞こえるかのようです。 文字盤に演出された壮大な光景は、ラ・ショー・ド・フォン地方の風景をイメージさせる、繊細な森の中で始まります。 ここに、18世紀ヨーロッパ中を魅了したオートマタ「画家」のデッサンの復刻となる、小さな天使と蝶が姿を現します。 リューズのボタンを押すだけで、時計のガラスの下で詩的情緒あふれる世界に命が吹きこまれる瞬間の感動は、今も昔も変わりません。 優雅で軽やかに、蝶が動き出し、チャリオットに乗った小さな天使を引っ張ります。 そしてうっとりとするような風景の中、チャリオットの車輪が回転を始めます。 これは、オートマタ製作者の高度な技術の証となる、素晴しく巧みな動きを見せる固定式と可動式のスポーク(車輪の外周部を支えているリムと、中心にあるハブをつなぐ放射線状に延びている棒)の組合せによって可能になっています。 小さな天使が動き、この幻想的で見事に洗練された装飾を前に、瞬く間に驚嘆の念が沸き起こります。 直径43mmの2種類のモデルには、高級時計のすべてのデザインコードが取り入れられており、ゴールドの光をまとい、縁を手縫いしたアリゲーターストラップが取り付けられています。


ラブィング・バタフライ・オートマトン

オートマタとテクノロジ―

2件の特許申請の対象となった、独自のオートマタのメカニズムの開発には、3年の歳月を要しました。 リューズを用いて手動で巻き上げる3つの香箱によって確保されるパワーリザーブにより、蝶が約2分間で約300回も羽ばたかせながら、優雅に羽を広げます。 側面から描かれていることで、この光景の写実味がひときわ高まっています。 時・分表示ムーブメントは、命の象徴である戦車の車輪のモチーフを象った22Kゴールド製ローターを備えています。


ラブィング・バタフライ・オートマトン

アトリエ・オブ・アート

わずかな細かいディテールにまでこだわって製作されています。 手作業でエングレービングを施したホワイトまたはレッドゴールド製の40個のパーツは、勝ち誇った表情をした幼い天使の顔と腕や、儚げな蝶の肢と触覚をはじめ、驚異的な緻密さで同じく手作業で組み立てられています。 一方、厚さわずか0.2mmの木の枝は、時計職人の技術を芸術のために活かして、まるで針のごとく1本1本はめ込まれています。 この画期的な技術は、特許申請の対象になりました。 ゴールドの立体感の繊細さがオニキスまたはポリネシア産ブラックマザーオブパールダイアルとのコントラストを描き、この時代を超えた光景の魔法を一段と魅惑的なものにしています。


Ateliers de Haute Horlogerie


ラブィング・バタフライ・オートマトン ラブィング・バタフライ・オートマトン

ラブィング・バタフライ・オートマトン
ラブィング・バタフライ・オートマトン ラブィング・バタフライ・オートマトン

ラブィング・バタフライ・オートマトン
ラブィング・バタフライ・オートマトン ラブィング・バタフライ・オートマトン

ブティックへのお問い合わせ