280 years The story of the unique

Lジャケ・ドローは、デザイン、素材、複雑な機械式時計に関する驚くべきノウハウが融合した類い稀な作品を通じて、時間という神秘を感じさせるべく、陶酔へと誘うジャケ・ドローの世界をご紹介します。
L先見の明を持つ天才ピエール-ジャケ・ドローの軌跡と、自然から着想を得た彼の世界観は、その大胆で芸術的かつ卓越したスピリットを大切に継承しようとする意志により受け継がれており、現在もなお、ラグジュアリーおよび高級時計の世界に唯一無二の歴史を刻んでいます。

Lジャケ・ドローの腕時計を装着することは、この歴史を体現すると同時に、比類のないタイムピースに宿るそれぞれの歴史を語ることを意味します。綿密に組み立てられ、小型化された機構は、詩情溢れる文字盤に息吹を吹き込んでいます。

Lしかしジャケ・ドローが最も大切にするのは、お客様のエモーションの歴史です…

L祝福の時

L創業以来、ジャケ・ドローの遺伝子に刻まれた価値観を示す大胆な時計製造、アバンギャルドな芸術性、革新を求める精神、そして卓越したカルチャーを称えて、ジャケ・ドローはエモーションと詩情を日々伝え続けています。

L創業280周年を記念して、情熱をもって絶えず創意を高めてきた天才的創業者ピエール-ジャケ・ドローが生み出した、メゾン初のアイコンモデルにスポットライトを当てます。

Lやはり注目すべきはグラン・セコンド トリビュート(GRANDE SECONDE Tribute)コレクションで、初めて世界限定88本のイエローゴールド製特別モデルを備え、各タイムピースの文字盤にはエナメルで覆われたレッドカラーのシリアルナンバーが刻まれています。
L詳細を見る
Lこれまで一貫して革新と魅力を融合させてきたジャケ・ドローは、今回、時計製造において、優れた耐久性と磁場耐性により高く評価されるシリコン製部品に、見事な洗練美を象徴するイエローゴールド製パーツを組み合わせました。br />
Lメゾンの伝統を豊かに表現したグラン・セコンド トリビュート(GRANDE SECONDE Tribute)は、アイボリーカラーの「高温焼成」エナメルダイアル、手彫りのギョーシェ装飾、創業者とその息子のタイムレスな遺産を象徴する2つの星など、独自のコードを備えています。

L技術の結晶と化したこの傑作は、時の芸術が一瞬一瞬を昇華させる永遠の詩情であることを示しています。
 
Lグラン・セコンド トリビュート

L一族の偉業

L新星

Lラ・ショー・ド・フォン
Lスイス
L1721年、 ピエール - ジャケ・ドローはシュール ポンの小さな農場に生まれ,一族の先達の影響を受け、時計製造や精密機器に興味を抱き始めます。
L1738年から1747年にかけて、ピエール - ジャケ・ドローは時計製作に没頭し、ホールクロックを一通り製作します。その間に作るムーブメントは徐々に洗練されていき、当時製造されていたすべてのムーブメントをすでに凌駕するほどとなり、瞬く間に目の肥えた裕福な顧客の関心を誘います。
L詳細を見る
Lオートマタ
L機械的例外

L 征服

L’Europe
L1758年、ピエール-ジャケ・ドローはスペイン国王フェルナンド6世に自らの作品を紹介する機会を得ます。触れることなく指示通りに音を奏でるその置時計を前に、君主をはじめ宮廷全体が声を失いました。
L1775年、最初のオートマタ(文筆家、画家、音楽家)が、ラ・ショー・ド・フォンを出発してパリへと渡り、国王ルイ16世と王妃マリー・アントワネットに謁見しました。その後、ヨーロッパ中の宮廷を巡り、ロンドン、オランダ、フランドル、そしてロシアを訪問しました。
Lオートマタ
L機械的例外

L 認知

L西洋から東洋へ
L1774年、ピエール-ジャケ・ドローは当時、商工業の中心都市であったロンドンに2つ目の時計工房を開設し、その経営を息子アンリ・ルイとジャン-フレデリック・レショーに託します。レショーがCox社との提携を積極的に進め、広東にあった代理店を足掛かりに極東市場に進出し、中国、インド、日本でブランドを展開することとなりました。
 

L古のノウハウの育成

Lグラン・セコンド ムーン

Lグラン・セコンド

L 要の技術

Lグラン・セコンド

L要の技術

L1784年にピエール-ジャケ・ドローが制作したポケットウォッチにインスピレーションを得たグラン・セコンド(GRANDE SECONDE)は、年々独創的なモデルを生み出すタイムレスなアイコンとなりました。
L最寄りの
Lブティックを探す
Lプティ・ウール ミニット ライオン

Lアトリエ・オブ・アート

L 技術が気高さと交わる時

Lアトリエ・オブ・アート

L 技術が気高さと交わる時

Lジャケ・ドローが基礎を築いた、古くから伝わる繊細な装飾技術を踏襲し、それを現代的にアレンジして継承することに挑みました。
L最寄りの
Lブティックを探す
LTropical Bird Repeater

Lオートマタ

L 感嘆を誘う技

Lオートマタ

L 感嘆を誘う技

Lジャケ・ドローが基礎を築いた、古くから伝わる繊細な装飾技術を踏襲し、それを現代的にアレンジして継承することに挑みました。 絵画、エングレービング、彫刻、パイヨン装飾、そしてエナメル装飾など、様々なミニチュアアートがあしらわれたタイムピースは、まさに傑作へと生まれ変わります。
L詳細を見る L最寄りの
Lブティックを探す
Lプティ・ウール ミニット

L女性らしさへのオマージュ

L女性らしさへのオマージュ

Lジャケ・ドローは、自然の美しさとその豊かな資源を称えることを永遠のテーマに掲げて、官能的で洗練極まる比類のない傑作を生み出しています。美と希少性の巧みな融合によって、パール、宝石、鉱石といった最高級素材を昇華させ、鮮烈なエモーションを彷彿とさせる独特の色彩を浮かび上がらせます。
L最寄りの
Lブティックを探す
 
Lオンリーワンの哲学
L上:パロット・リピーター ポケットウォッチ
L右:グラン・セコンド コレクション

Lオンリーワンの哲学

L創業からおよそ3世紀に渡り、ジャケ・ドローは「時」を、驚嘆、卓越、そして絶えず進化する創意と位置付けてきました。

L18世紀、ジャケ・ドローの時計職人たちは高級装飾の分野で先駆者として君臨し、職人としての全人生を作品づくりに注ぎました。

Lケースをはじめ、ポケットウォッチ、小瓶、嗅ぎタバコ入れ、鳥籠といった作品を飾る絵のモチーフ、彫刻やエングレービングのほか、パイヨン装飾を取り入れたことで成功を収め、名声を築き上げました。

Lこうした独創的な思想に、ブランドはパーソナライゼーションという新たな付加価値を加えます。今日もなお、ジャケ・ドローは時計愛好家のお客様に対し、腕時計の文字盤をカスタマイズして、ジャケ・ドローのアトリエ・オブ・アート(LES ATELIERS D'ART)の伝統を称えています。

Lジャケ・ドローの腕時計を装着することは、ブランドのクリエーター、職人、時計職人の優れた技術によって受け継がれてきた歴史を体現することを意味します。
L詳細を見る
Lニュース