Shopping cart

ショッピングカートには、何も入っていません。

ジャケ・
ドローの歴史

1721
1721

誕生

1721年、 ピエール - ジャケ・ドローはラ・ショー・ド・フォンにあるシュール ポンの小さな農場に生まれます。彼は、ブラン・ディ・グリユリン家、サンド家、ロベール家などの影響を受け、時計製造や精密機器に興味を抱き始めます。そ れは彼にとって、まさに神の啓示だったのです。

1738
1738

最初のアトリエ

1738年から1747年 にかけて、ピエール - ジャケ・ドローは時計製作に没頭します。彼は、ホールクロックを一通り製作。
その間に彼の作るムーブメントは徐々に洗練されていき、当時製造されていたすべてのムーブメントをすでに凌駕するほどでした。
器用で注意深くそして真面目な性格と、機械の原理を熟考して実践する姿勢から、ピエール - ジャケ・ドローは次第に時計のムーブメントに音楽機構やオートマタを組み合わせるようになります。
そしてそれはすぐさま、裕福な顧客や要求度の高い顧客た ちの注目を集めました。

1758
1773
Automate 1
1773

オートマタ

1759年、 ラ・ショー・ド・フォンに戻ったピエール - ジャケ・ドローは、スペインから持ち帰った大金により、腕時計や置時計、そして有名なオートマタの制作により一層没頭するようになります。
そして、息子ア ンリ・ルイと、近所に住み母親の死後養子として迎えたジャン-フレデリック・レショーも制作に加わるようになり、
ここから緊密で実利的な会社としての第一 歩がスタートしたのです。

1773年よりオートマタの改良を進め、次々に洗練された作品を市場に発表し、ついに1774 年、「文筆家」、「画家」、「音楽家」という3つの人造人間 - オートマタをラ・ショー・ド・フォンで発表します。この3つの傑作は、世界中の愛好家の視線を釘付けにしました。ピエール - ジャケ・ドローの名声を確立し、会社の成功を確実なものにしたのはまさにこの3体のオートマタでした。この成功を契機に、ジャケ・ドロー父子はその傑作をさらに広めようと考えます。1775年、オートマタはラ・ショー・ド・フォンを出発してジュネーブ、パリへと渡り、国王ルイ16世と王妃マリー・アントワネットに謁見した後、1780年から1781年にかけてヨーロッパ中の宮廷を回り、ロンドン、オランダ、フランドル、 そして北フランスを訪問。1782年と1783年には再びパリに立ち寄り、1784年にはリヨンを訪れ、ロシアの宮廷やカザン、マドリッドを回りました。

Automate 1
1774
1784
1784

Genève

それから約10年間、会社は発展し続けます。置時計をはじめ、オートマタ、腕時計、シンギングバードが、中国をはじめ世界中で販売されました。しかし、ラ・ショー・ド・フォンの厳しい気候とロンドンの霧は、アンリ・ルイの健康を徐々に悪化させていきます。

1784 年、彼はジュネーブに居を構えることを決意します。アンリ・ルイはジュネーブの芸術的で文学的な生活を好んでいました。ほどなくジャン-フレデリック・レ ショーもジュネーブに合流し、2人はヴァシュロン・コンスタンタンより1年早く、この町に最初の時計工房を設立し、複雑機構を搭載した時計の製造に取り掛かりました。アンリ・ルイ - ジャケ・ドローとジャン-フレデリック・レショーの才能と好奇心は、たちまち町中に知れ渡り、ジュネーブ市民に評価されました。ジュネーブの町は彼ら2人を名誉ブルジョワジーと認め、町の活動への参加を促し、ジャケ・ドローは、町の芸術協会に迎えられました。これは再編されたばかりの団体で、技術教育の進展に非常に積極的に取り組んでいました。ジャケ・ドローはこの町で、リピーターウォッチのカドラチュールの製造学校の設立に尽力し、さらには、時計製造の技術だけでなく、時計の周辺に関する仕事を保護するための多数のプロジェクトを企画していきました。

一方、ピエール - ジャケ・ドローは、モラール通りとローヌ通りの角にあるダンタル時計師の家に住んでいました。そこにはすでに工房とアンリ・ルイのアパートがあったので す。

2000
2000

受け継がれる専門技術

年、スウォッチグループに買収されると、ジャケ・ドローは生誕地であるラ・ショー・ド・フォンに戻り、2010年夏からは高級時計の新しいアトリエに移転しました。
2,500㎡という広さを誇るこの新たな本拠地は、ジャケ・ドローのウォッチのように、時計製造のノウハウと、独自の魂のこめられた職人のノウ ハウを集約した場所であり、
市場や顧客の強い要望により一層応えることのできる、ジャケ・ドローにとってまさに新たな飛躍を遂げるための場所です。

2000

受け継がれる専門技術

年、スウォッチグループに買収されると、ジャケ・ドローは生誕地であるラ・ショー・ド・フォンに戻り、2010年夏からは高級時計の新しいアトリエに移転しました。
2,500㎡という広さを誇るこの新たな本拠地は、ジャケ・ドローのウォッチのように、時計製造のノウハウと、独自の魂のこめられた職人のノウ ハウを集約した場所であり、
市場や顧客の強い要望により一層応えることのできる、ジャケ・ドローにとってまさに新たな飛躍を遂げるための場所です。

2002
2002

Lancement de la Grande Seconde

18世紀に製作された懐中時計からインスピレーションを得た、ブランドが誇る永遠不変のシンボル的モデル「Grande Seconde(グラン・セコンド)」が発売。
オフセンターの12時位置に配置された時分表示インダイアルと、6時位置に配置された秒表示インダイアルが組み合わされたダイアル上では、洗練極まるエナメルの卓越した技術が息づいています。

2009

ニコラス・G・ハイエック(Nicolas G. Hayek)

がMontres Jaquet Drozの経営を引き継ぐ。

2010
2011
2011

ジャケ・ドローは、高級時計の新しいアトリエ(Atelier de Haute Horlogerie)

に伝統技術を受け継ぐアトリエ・ダール(Les Ateliers d’Art)を併合して、
ブランドが誇る古のノウハウを継承しています。極めて繊細な技術を備えた当時の職人たちに敬意を表し、ジャケ・ドロー(Jaquet Droz)コレクションの一部の特別モデルに、
エナメル上の絵画、彫刻とエングレービングの技術、パイヨン装飾が施されています。

2012
2012

ジャケ・ドロー社
(Montres Jaquet Droz)

協力「オートマタと傑作品の数々(Automates et merveilles)」展では、ジャケ・ドローとレショーの傑出した才能が披露されました。
驚くほど多くの作品と情報が、ヌーシャテル州にあるヌーシャテル美術歴史博物館(Musée d’art et d’histoire de Neuchâtel)、
ル・ロックル時計博物館(Musée d’horlogerie du Locle)、ラ・ショー・ド・フォン国際時計博物館(Musée international d’horlogerie de la Chaux-de-Fonds)の3つの博物館に初めて集められました。

The Bird Repeater - Détails
The Bird Repeater
2012

The Bird Repeater

ジャケ・ドロー(Jaquet Droz)の歴史、ノウハウ、想像の世界を結び付けた「The Bird Repeater(バード・リピーター)」を、ブランドの職人が開発し、2012年11月制作発表しました。
生粋のオートマタ(機械式からくり)と呼ぶに相応しいこの比類なきタイムピースは、ブランドが受け継ぐ高級装飾におけるクラフトマンシップの全てを集約しています。

descendre