ジャケ・ドローが新作ユニークピース 《トロピカル・バード・リピーター(THE TROPICAL BIRD REPEATER)》を発表 | Jaquet Droz
12 6 月 2019

ジャケ・ドローが新作ユニークピース 《トロピカル・バード・リピーター(THE TROPICAL BIRD REPEATER)》を発表

  • Jaquet Droz, Tropical Bird Repeater, J033033206, Ambiance
  • Jaquet Droz, Tropical Bird Repeater, J033033206, Animation Close-Up
  • Jaquet Droz, Tropical Bird Repeater, J033033206, Dial Close-Up
  • Jaquet Droz, Tropical Bird Repeater, J033033206, Movement Close-Up
  • Jaquet Droz, Tropical Bird Repeater, J033033206, Front Back

世界にたった1本しか存在しないこの特別なモデルは、ジャケ・ドローがアトリエ・オブ・アート(LES ATELIERS D'ART)で生み出す比類のないラグジュアリーを宿しています。

ジャケ・ドローが大切にするオンリーワンの哲学を体現した独創的なクリエーション。メゾンは新作トロピカル・バード・リピーター(THE TROPICAL BIRD REPEATER)の製作権限をアトリエ・オブ・アート(LES ATELIERS D'ART)のアーティストと時計職人の手に委ねました。そこから誕生した、ラグジュアリーを漂わせる新しいタイムピースは、現代的な創意をそのままに、メゾンの自然主義の遺産を際立たせています。この作品はピンクのやわらかな光沢を帯びたマザー オブ パールを纏い、バゲットカットのダイヤモンドでパヴェセッティングを施した(隙間なく覆われた)時表示インダイアルを備えています。ユニークピース (numerus clausus 01/01)であるこのクリエーションは、唯一無二のラグジュアリーを追求する知識の豊富なコレクターを対象としています。

Jaquet Droz, Tropical Bird Repeater, J033033206, Animation Close-Up

タイムピースは濃淡のついた同系色で自然主義の舞台を表現しており、手作業で生み出された熱帯地方の背景をバックに生き生きとしたハチドリが動きます。手作業で彫刻を施したマザー オブ パールダイアルは、クジャク、トカカク、ハチドリが躍動する豊かな自然を描いたカンバスと化しています。ハチドリは2枚の翼を毎秒40回も羽ばたかせるという、時計製造において類を見ない動きを展開します。この俊敏な動きに加え、ジャケ・ドローの時計職人たちは、ハチドリ特有の高速の羽ばたきをこの上なく正確に再現するという挑戦に挑みました。

その右側では孔雀(クジャク)が尾羽を広げて折りたたむ一方で、3時位置のホウライショウの葉の間からトカカクが姿を現し、嘴を開きます。9時位置の3匹の優雅なトンボの舞は、暗闇で発光するスーパールミノーバ(SuperLuminova)が施された微細な羽により、昼夜を問わず神秘的な雰囲気を漂わせます。全部で12秒を超える7つの動きが4つのシナリオを演出します。

ハチドリと熱帯植物の葉は文字盤に取り付けられているため、文字盤に立体感と特別な存在感を生み出し、まるでそこから飛び出してきたような印象を与えます。ジャケ・ドローのアトリエ・オブ・アート(LES ATELIERS D'ART)で1つ1つ手作業により彫刻と彩色が施されたパーツは、熱帯の緑豊かな植物を育む滝の下方で、川が流れる背景を描いたフレスコ画に息吹を吹き込んでいます。

Jaquet Droz, Tropical Bird Repeater, J033033206, Dial Close-Up

この新作トロピカル・バード・リピーター(THE TROPICAL BIRD REPEATER)は、初めて180個のバゲットカットダイヤモンド(合計1.8カラット)を隙間なくセットした文字盤を中央に備えています。この眩いプレシャスな太陽が、自然主義のフレスコ画の中心で独特の輝きを放ちます。そこに配置された2本のレッドゴールド製針(時、分針)は、47 mmの同じくレッドゴールド製のケースと見事な調和を成しています。ジャケ・ドローの職人たちは、初めてラグにも36個のバゲットカットダイヤモンド(2.76カラット)をあしらっています。

Jaquet Droz, Tropical Bird Repeater, J033033206, Movement Close-Up

高級時計において類を見ないこの生き生きとした構成のなかに複雑機構「ミニッツリピーター」を宿しています。この機能によりケース内部のハンマーでカテドラルゴングを響かせて、1時間、15分、1分単位で時刻を告げます。ケース側面のスライドレバーを操作することで、ほんの一握りのブランドの特権となっているこの複雑なメカニズムを作動させることができます。ムーブメント(Jaquet Droz RMA89)にはほとんど音がしないフライング・ガバナーが搭載されています。ミニッツリピーターの速度調節は外側の小さなブレード・スプリングの摩擦によって行われています。新しい歯付のブレード・スプリング、15分単位と1分単位の間で伸びた休止時間、そして長3度による15分単位のチャイム音もまたミニッツリピーターの技術革新を示しています。50時間のパワーリザーブによって、このタイムピースのコレクターはジャケ・ドローが280年以上に渡り継承してきた、オンリーワンの哲学の魅力を日々実感できることでしょう。

“Some watches tell time, some tell a story”

この特別なタイムピースについて詳しく見る