ジャケ・ドローがミニッツリピーターを搭載した類稀なオートマタ 「パロット・リピーター ポケットウォッチ(PARROT REPEATER POCKET WATCH)」で 創業280周年を祝います | ジャケ・ドロー
15 6 月 2018

ジャケ・ドローがミニッツリピーターを搭載した類稀なオートマタ 「パロット・リピーター ポケットウォッチ(PARROT REPEATER POCKET WATCH)」で 創業280周年を祝います

  • TO MARK ITS 280TH ANNIVERSARY, JAQUET DROZ PRESENTS THE PARROT REPEATER POCKET WATCH, A ONE-OF-A-KIND AUTOMATON WITH MINUTE REPEATER
  • TO MARK ITS 280TH ANNIVERSARY, JAQUET DROZ PRESENTS THE PARROT REPEATER POCKET WATCH, A ONE-OF-A-KIND AUTOMATON WITH MINUTE REPEATER
  • TO MARK ITS 280TH ANNIVERSARY, JAQUET DROZ PRESENTS THE PARROT REPEATER POCKET WATCH, A ONE-OF-A-KIND AUTOMATON WITH MINUTE REPEATER
  • TO MARK ITS 280TH ANNIVERSARY, JAQUET DROZ PRESENTS THE PARROT REPEATER POCKET WATCH, A ONE-OF-A-KIND AUTOMATON WITH MINUTE REPEATER
  • TO MARK ITS 280TH ANNIVERSARY, JAQUET DROZ PRESENTS THE PARROT REPEATER POCKET WATCH, A ONE-OF-A-KIND AUTOMATON WITH MINUTE REPEATER
  • TO MARK ITS 280TH ANNIVERSARY, JAQUET DROZ PRESENTS THE PARROT REPEATER POCKET WATCH, A ONE-OF-A-KIND AUTOMATON WITH MINUTE REPEATER
  • TO MARK ITS 280TH ANNIVERSARY, JAQUET DROZ PRESENTS THE PARROT REPEATER POCKET WATCH, A ONE-OF-A-KIND AUTOMATON WITH MINUTE REPEATER
  • TO MARK ITS 280TH ANNIVERSARY, JAQUET DROZ PRESENTS THE PARROT REPEATER POCKET WATCH, A ONE-OF-A-KIND AUTOMATON WITH MINUTE REPEATER
  • TO MARK ITS 280TH ANNIVERSARY, JAQUET DROZ PRESENTS THE PARROT REPEATER POCKET WATCH, A ONE-OF-A-KIND AUTOMATON WITH MINUTE REPEATER
  • TO MARK ITS 280TH ANNIVERSARY, JAQUET DROZ PRESENTS THE PARROT REPEATER POCKET WATCH, A ONE-OF-A-KIND AUTOMATON WITH MINUTE REPEATER

全ての家族に、一族が繁栄し成長するという共有の存在意義があります。それはピエール-ジャケ・ドローの生きた時代においても同様です。年上の親族に時計製造を教わった彼は、後に義父や息子アンリ・ルイと仕事に励み、時計製造における機械的才能およびアバンギャルドなビジョンを互いに共有しました。

その280年後、一族の原点であるラ・ショー・ド・フォンに戻ったジャケ・ドローのアトリエにもこれと同じ精神が漂っています。約3年前からブランドのすべての専門職人達を秘密裏に集結させて、創業280周年を迎えるジャケ・ドローの歴史に新たな1ページを刻む類稀な作品、「パロット・リピーター ポケットウォッチ(PARROT REPEATER POCKET WATCH)」を開発しました。

この特別な類稀なる世界限定1本(Numerus Clausus 1/1)は、懐中時計の中に、時計や装飾技術におけるジャケ・ドローの専門技術のすべてを閉じ込めています。パロット・リピーター ポケットウォッチ(PARROT REPEATER POCKET WATCH)は、ピエール-ジャケ・ドローによりもたらされたオートマタの長い歴史を継承すると共に、技術的、創造的、芸術的な新しい領域へと挑戦しています。

この生粋の芸術作品は、鳥を中心に生き生きとした自然主義的風景を描いています。ジャケ・ドローは鳥のモチーフを大切にしています。鳥はその詩的な趣きや囀りから、有名なオートマタウォッチ バード・リピーター(THE BIRD REPEATER)に採用されブランドの歴史に音楽を奏でています。

作品の中心には、美しい色彩のコンゴウインコの番(つがい)が3羽の雛を見守っている姿が描かれています。この5羽それぞれが動くようになっており、左側の鳥は全体を、右側の鳥は頭のみを動かします。そして雛の一方は卵からかえり、もう一方は前後に跳躍します。ジャケ・ドローがブランドの歴史を通して大切にしてきたテーマの一つでもある家族の巣は、蔓(つる)植物(しょくぶつ)、ハイビスカス、極楽鳥花が生い茂り、滝が流れ、虎が滝の麓(ふもと)で水を飲む豊かなジャングルを背景としています。また2本のゴールド製針を配置したマザー オブ パールダイアルの6時位置に、もう1頭のタイガーが描かれています。

Jaquet Droz, Parrot Repeater Pocket Watch, enamel painting on engraved foliage

ジャケ・ドローはあらゆる装飾工芸技術を結集してこの絵画に息吹を吹き込んでいます。生い茂る植物の華やかな色彩は細密画で表現され、ミニチュア彫刻が1つ1つのモチーフに立体感と奥深さをもたらしています。木の幹、鳥、巣はゴールドの彫金細工になっており、彩色した後、手作業で文字盤にあしらわれています。そしてブランド特有の繊細な宝石のセッティングがあしらわれ、レッドゴールドのケースの縁に豊かな色彩を照らし出しています。

Jaquet Droz, Parrot Repeater Pocket Watch, back cover macaw enamel painting

このレッドゴールドケースは2枚の蓋で保護されています。裏蓋には、コンゴウインコがパイヨン(金片)をあしらった“高温焼成”エナメルで描かれています。これは伝統的な染料ではなく、手作業で粉末にして(水ではなく)オイルを加えた、純正エナメルを用いて仕上げられた絵画です。細密画は、こうした他に類を見ない工程を経て細密画が施され、“高温焼成”エナメルと同じ方法で焼成されています。次に職人は手作業で作ったパイヨン(金片)をあしらい、半透明のエナメルで覆い、再び焼成した後、手作業で全体にポリッシュ仕上げを施します。

文字盤側の蓋では、宝石が施された“高温焼成”エナメルの熱帯蔓植物と葉が高く伸び、それぞれの隙間から文字盤の見事なアニメーションを覗かせています。この2面の組み合わせは、パロット・リピーター ポケットウォッチ(PARROT REPEATER POCKET WATCH)のために特別に設計され、手作業で彩色されたボックスの両側から堪能できるようになっています。その中では、懐中時計がレッドゴールドチェーンで吊り下げられ、くるくると回転するようになっています。

2枚の蓋はそれぞれ、内蔵されたダブルシークレットシステムにより独立して開くようになっています。12時位置に配された、チェーンで時計を吊るすことのできるこのエレメントは、これ1つで、2件の特許が申請されたジャケ・ドローの発明を宿しています。1つはそれぞれの蓋を開ける操作に関係し、もう1つは、このタイプのオートマタではジャケ・ドローで初めて12時位置に配されたリューズに関係しています。

668個の部品で構成されたこのポケットウォッチは、高級時計特有の機械式ムーブメントと、カテドラルゴングを備えるミニッツリピーターを搭載したオートマタを特徴としています。ケースの9時位置のレバーによって、オートマタおよび、1時間、15分、1分単位で時刻を告げるチャイムを作動させることができます。このときパロット・リピーター ポケットウォッチ(PARROT REPEATER POCKET WATCH)が瞬時に生命を宿して、ジャケ・ドローが280年前に生み出した、感嘆を誘う技を継承します。

“Some watches tell time, some tell a story”

この特別なタイムピースについて詳しく見る